神代宇宙文字


神代宇宙文字

神と人、人と人をつなぐ文字
神代文字は、日本で神の意志を伝える
ために使用されていましたが、後にな
って人と人との間でも使われるように
なったのです。したがって、文字には
神の波動が光とともに入り、それを書
くことによって、相手によい影響を与
えていたのです。
これが、文字のはじまりであり、意味
なのです。
そして現代で重要なことは、日本人は
じめ世界の人々がこの文字を読むこと
ができ、「日本の古代文字が世界の文
字の源である」ということを理解する
ことができるようになると、「世界は
元ひとつであった」ことに気づかさ
れ、世界の平和はおのずと訪れてくる
ということです。

日本の文字とは

はじめ、文字は神が自らが作成し、神が自らの意志を伝えるために使用しておりましたので、文字には神のエネルギーが入っていおり、それを人が書くとことにより相手によい影響を与えることができました。
ですから、のちに天皇(すめらみこと)によって、人と人との間でも使用することが許されたのです。

すなはち、天地創造神「元一神」からの「み意(ミココロ)」のバイブレーションが、型になったものが日本の文字であり、それが神代文字なのです。

しかし、漢字が入ってきてから、言霊の意味と文字がくいちがうことが多くなり、現在に至っているのです。

神代文字とは

コトバや文字は本来神が人類に統一してつくらせあるもの
奥義と秘儀は神理による外なきを知るべし

次の図にあります、
「振動数=波長」+「粒子数:メタ・メカ」を息吹かせたもので、
「アカサタナ・・・」の順序は天地創造のためにご出現になられた神様の順番であり、神代文字のスタイルもそのつど変化しています。

宇宙絶対の法則によれば、万物はエネルギー粒子の集中によって、数と型で表されます。
そして、エネルギー粒子の集中の仕方がそれぞれ違い、その最小単位の表現の仕方が、文字と発音になったと考えられています。
従って、数組織と発音は表のように普遍なのです。

日本語の始源は超古代になりますが、超太古の神々は、その意思と活動を生命エネルギー粒子の集中および息吹湧出の気の数として示し、核から球面に遠心放射状に配置し、その後、文字と発音を創出したものと考えられます。
神人神星像形カナ文字を基調とし、時の流れと共に数百種の神代文字がつくられてきたのです。数組織と発音は不変で、文字のみが変化し、今の文字にいたったものと考察されます。

大自然の言葉(霊)は数と形なり
私たちは、神から与えていただいた霊のエネルギーを活用することが大切です。それには日常から自然とつながり「大自然をもって経典となす」ことです。
数と形は世界の共通語
カンピューター(智慧)、コンピューター(知識)、大自然数理(数霊)と人工数学は異なる。
自然支配に勝つことはできない
誰もエネルギー・時・光・波動・電気・磁気・熱・力・風 等のそのものを見た人はいません。
媒体との結果を通して知っている事になっているだけである。影と結果は光と原因から起生する。それらは粒子一元論前提の振舞い(左巻渦集中)から発し波を生ず。
日本太古言語祖源解
言霊の世界は、アオウエイ・イロハ・ヒフミ(完結)

中臣の大祓宣言

日本の超太古は、今から23万年前、プレアデスのテーラー太陽系のリラ星から地球に入植した、イシュヴィシュヤワエを長とする集団、すなわち私たちがいうところの神々からはじまりました。
「中臣の大祓宣言」は、紀元前600年頃、ヨブ一族(南ユダヤ)に対して、ヘブジバ(天照大神)の眷族であるアメノコヤネノミコト(天物梁命)がエネルギー粒子集中、つまり息吹の湧出の氣を数を以て示し、球体核から遠心放射状に配置し、その後に文字と発音を配置したものです。上古の「タマ=球=霊」の思想は、いいかえれば「大自然の言葉は数と形」であるという考えを始原とした、現象論・生命エネルギー本質論共通の言語のパラダイムであります。
「音霊数」は、上古に作成されたものと考えられます。それは、「神人神星像形カナ五十一文字」(四十七文字五十音・上古第一代天日豊本葦牙氣皇主天皇作成)によって知ることができます。

霊には、言霊 ・音霊・ 数霊・ 型霊・ 色霊などがあります。
例を挙げて見ましょう。
ナムアミダブツを続けて唱えます。次第に声が静まります。
ナンミョウホウレンゲキョウを続けて唱えます。すると、次第に声が高まっていきます。これが言霊の効果です。
太陽を拝する。これは、大自然にエネルギーがあり、それの手近なものが太陽ですのでこの時、アマテラスオオヒオホカミと唱えるのは言霊を働かせることなのです。

音霊 祝詞を唱える時、長棒、鈴、拍手などを使用するのが音霊です。尚、礼、拍手は神に対して無防備であることを示しています。
数霊 全ての物は数からなります。
型霊 十字の神のシンボルや神社のマークのことをいいそれらはエネルギーを持っているのです。
色霊 意識により好みの色が変わってくるのは、エネルギーを無意識に生かしているのです。

日本古代の言葉

日本古代には、「言霊 ・音霊・ 数霊」というものがあり、神霊とされる神々は次の通りです。

・コゴトムスビノカミ(興台産霊神)
・ヒトコトヌシノカミ(一言主神)
・ヤゴコロオモイカネノカミ(八心思兼神)
・ヤエコトシロヌシノカミ(八重事代主神)
・フトノリトノミコト(太祝詞命)

の五神が始祖とされます。

本来、一字一音が多義を含むといわれ、生命の源である魂魄から湧き出る言葉には、生命の本質が宿り、霊能としての働きがあります。
「言葉=コ(7)ト(17)バ(66)=90=九十波(コトバ)=9」のように数循環波動でもあり、生命エネルギーの湧出であり、言葉とは数と基底根深くつながっていることがわかります。

いろは四十八文字について

日本では古くから「かな」や「いろは歌」が弘法大師によって作られたと信じられているが「カタカナ(象神名)」は弘法様よりずっと古い神代からあり「神代文字」として多くの種類があり、その神代文字のカタカナから弘法大師が「ひらがな」を用いられたのであります。四十八文字、すなわち四十八の神のみ働きを示したもので深い意味があるのです。

更に「いろは」には、ひらがなの沓冠(クツカムリ)に秘められた暗号があるのです。
「いろは四十八文字」の中には、「イチヨラのヤハエ知らずは何もとけません」という謎が秘められています。
これは天地創造の時、物質界の創造にあたられました元の神様天津御祖(アマツミオヤ)がわからなければ「いろは」四十八文字の意味は解らないということの秘密の謎です。
「イチヨラ」とは一つしかないという意味です。

騨「日玉」の国、位山から 霊魂の記憶を蘇らせる

天地創造神「元一神」からのみ意のバイブレーションが、二十三万年前、日本「霊の元つ国」の天皇「スメラミコト」に降ろされ、肉眼で見えるよう判りやすくデザイン化されて行きました。
しかし、それはわずかな一部の人達、つまり命様(ミコトサマ)と呼ばれる方々に伝述されたのでございます。
伝述された揚所は、地球上で一番初めに造られたピラミドウ「日来満堂」でもあります飛騨「日玉」の国、位山の中腹で立派な神殿での事でした「現在の光岩の当たり」
文字のスタイルは、その時代を担当するスメラミコトにより天体の運行と諸元素の構成及び太陽、月、土のエネルギーと共に型とられて参りました。

その頃の人々は、神人合一、自人一体を基といたし、健康は自ずと授かり何百歳の歳月を生きる事が許されていたのでした。
その様な人々を、真の神の子及び霊止(ヒト)と申します。

只今、私達は二十一世紀を迎え、霊止は人となり人間となり、自然界は今もなお太古からの変わらぬ愛のエネルギーが降りそそいでおりますのに、それを受け取るカを失っております。
つまり、その頃の記憶は薄れ地球に生かされていることさえ忘れ、自分本意の心で生き、本来神の子であることから遠く離れてしまったという事で結果として、病及び様々な不幸現象の原因となっている訳でございます。真に残念な事でございます。

この様な現象になる事を察知なさられておられたスメラミコトの末裔でもあられる昭和天皇、裕仁殿下は、戦争という中で火の洗礼を広島、長崎に受けたこともあり、日本の復興の為には根本から時代のエネルギーを元に「太古」に戻す為の手段を取られました。
それが、古神道・言霊及び神代文字等々、目に見えない世界つまり想念の改善として今の現代人には直ぐに理解されなくとも霊魂の記憶を蘇らせる為にも、芸術の分野から肉眼に見せて上げてほしい!
そして、出来れば一人でも一日も早く神の子に蘇り地球の浄化に協力して頂きたい!というご意志をお伝え下さいました。

この様な事から、書道家を先祖に持つ私は選ばれ現在に至っております。
この霊智塾で学び体験される方々は、先ず文字の修練による想念の浄化と心の安定!
真の価値感、肉体には運命の変化による健康の蘇り等々、表面化して参ります。
これは、実感して頂く一段階でもあります。究極は、目に見えない霊の世界・言霊・数霊・色霊・型霊・音霊等が直勘で判り、各々の霊魂が光輝き元返りして行くこと!
つまり、真の神の子に返って行くことが目的でございます。

そして、今、この時に日本に産まれ生かされております尊さが判り、日本が世界の為に何のお役目があるのか自覚を持ち、立派な日本人となって頂きたいのが希望でございます。
お一人お一人が、広大な心を持ち、愛情深く世界をながめ、自らが立ち上がり改善して行く事が、先ず私共をお創り賜りました神様が感鮒されることでしよう。
何卒、一日も早く目覚め頑張って頂きとう存じます。

めぐりの重なる宇宙のロマン

言の葉を大切にし、文字に託し残す人間の自然ないとなみの中に、文字の大切さ美しさに今、どれほどの人々が心をうたれ感謝をしていることであろうか。

古き時代の人々が石に刻み、動物の皮に書きしるし、残されたものは、どのような意味があり、何を語りかけているのであろうか、私はめぐりの重なる宇宙のロマンの中にこれから後、きっと素晴らしい結果を見せるであろう日本の文字の重要性を感じる時、芸術性を超えた感覚で文字を書くことを楽しんでおります。

安藤妍雪 プロフィール

東京出身  書道家三代目
中国より伝えられた漢字や仮名文字を人々に普及する内にその源点を求めるようになり、古代の文字 神代文字に辿りついた。
文字は何の為にあったのか?
言葉の元は何か?   等々

現在は道とは霊智!つまり見えない所に真があり、全てはそこから出発して、結果を出しているということ!
〇大自然の言葉(霊)は数と形なり!
〇数と形は世界の共通語!
カンピュータ(智慧)、コンピュータ(知識)、大自然数理(数霊)と人工数学とは異なる。
〇自然支配に勝つことは出来ない!
誰もエネルギー・時・光・波動・電気・時期・熱・力・風などのそのものを見た人はいない。
媒体との結果を通して知っていることになっているだけである。
〇日本太古言語=アオウエイ・イロハ・ヒフミで完結であることを理解することが出来た。
結論としては 世界は元ひとつ!人類の元ひとつ!
〇日本(霊の元つ国)人は、自然界を理解する事により、太古から解っていたこと!

世界は元ひとつ  人類の元またひとつ

本来、宇宙には宗門、宗派なし。
言霊と神代文字の世界がそのことを証明しています。
今、宇宙の進化を直感で感じ、その動き・エネルギーにどのように適応していくかを、地球の人類は考えねばならない時に来ています。しかもそれを短期間に、マスターする必要があります。

書の霊智塾では、人類が争う心を持っことの無意味さを認識させ、無対立・愛和の世界を作ることを目的とします。
また、次期文明に役立つ人々としての種人を、改魂と神代文字の修練により、作り出す場であります。(霊の世界をすべて学ぶ)
それは、21聖紀に実現する高次元科学文明と共に生きる高次元人類です。
宇宙の進化を魂のレベルで理解しようと思う方に、お伝えいたします。

古代の日本人は、言霊の手ネルギー、それを吹き上げる文字のエネルギーにより・神を知り、真の科学を知ることが出来ました。そして、それを活かし、生活していたのです。
それが、ある時(神代文字が消された時期)から忘れさせられることとなり、日本人という霊籍も同時に忘れさせられるように仕組まれて来たのでした。
何故なのであろうか?
その意味を知ることにより、今こそ、五色人の元である霊の元つ国・日本人は、はっきりと目をひらき、世界の人類の為に貢献しなければならないことがしみじみと解らされます。それが、真の人類救済なのだということも…
書の霊智塾
主宰 安藤 妊雪